SE転職TechアンドGames > エンジニアの転職活動とスキルの評価について
SE転職TechアンドGames

SE転職TechアンドGames

エンジニアの転職活動とスキルの評価について

エンジニアプログラマー転職のために応募を何箇所かしはじめる活動をしていると、描いた計画のようにはいかずにもうだめだと感じて、自分の置かれた状況を客観視できずにすべてが暗闇に思えることも多くあります。

エンジニアとして積んだはずの経験が外部に出たら鳴かず飛ばずだったので、予想外の展開にびっくりしてしまったという人もまた多いものです。

会社の中にいては自分のスキルを客観的に判断するというのが意外と難しいものです。そのため、自分が思っていた評価とはずっと低い評価ということもよくあることです。

それに若いうちに気付いた場合はまだ修正や方向転換の方法があるというものですが、中年やそれを過ぎてしまっては、方向転換しようにもできないという何とも難しい状況になってしまいます。

一人で解決してしまおうと、もっと行動を広げてしまう前に早く、専門の窓口で相談をしてみる勇気を出しましょう。新卒と違い、SE転職をしようとしている人はいくつもの貴重な経験を積み重ねてきた来たのが普通です。

それをかいつまんでまとめたうえで、業務でどのように貢献させるのかを採用担当者に納得させることがキーとなります。


何をすれば人事や採用の担当者にアピール度の高いものとなるか、当社にぜひとも入ってもらうべきだと感じさせることができるかがキーとなるのは言うまでもありません。エンジニア転職を検討した時に資格を所有していないという場合よりも、エンジニア転職先で使われる能力を示す資格を所持したものということで転職で有効に働くというケースもあります。

長時間労働が原因で辞めた時は「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、開発プロジェクトにやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」という表現にすれば問題はないでしょう。
マイナスのイメージのプログラマー転職理由も表現を変えると、プラスになることもあるのです。履歴書記載の注意は、150文字から200文字で書くのが理想です。
SE転職TechアンドGames
Copyright (c) 2014 SE転職TechアンドGames All rights reserved.
▲ページの先頭へ