SE転職TechアンドGames > 自己アピールと履歴書
SE転職TechアンドGames

SE転職TechアンドGames

自己アピールと履歴書

転職活動と切っても切り離せないのが履歴書です。しかしエンジニアの中には、履歴書を書くのが苦手という人がいて、にわかに信じられない気分になります。

履歴書が苦手でどうして自分がアピールできるのでしょうか。プレゼンでアピールするにしても、まずは履歴書で書類選考を通らなけれらばチャンスが与えられないですからね。

履歴書の仕上げ方があまり得意ではないという人もいるかもしれませんが、インターネット上の情報を探せば履歴書の書き方の上手な例などもアップロードされていますから自分で取捨選択しながら履歴書の書き方を研究するのも無駄にはなりませんよ。

面接の場面でポイントアップになることも可能性としてはありますし、資格手当がその会社にあるならば、業界開発スキル保有者は重宝されることが言えますから、資格未保有の場合は、資格にチャレンジするようにすることをお勧めします。応募者の前の会社で同僚との間に馴染めなかったということで辞めることにした場合は一人よがりの傾向のある人がうちで働くのは難しいかも、というジャッジを下す可能性が出てきます。
1つ重要なことです。

明確な理由なく上場企業に入りたい、と考えたとしても、不採用になることは目に見えているので、自分は何ができてどういう職場で何を目指して働くのかをしっかり持ってください。

大きな会社に転職をするには自分を採用してもらうメリットを分かってもらう人が有利になるのは分かりますよね。そのために自分を客観的に見直し、目指している企業がホントにそこで後悔はないのか広い視野をもって眺めてみてほしい。

転職活動は辞職前から行い、SE転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。
退職してからの方が時間の自由がききますし、間を置かずに働き始められますが、転職する先がなかなか決定しない事例もあります。

知り合いの例を挙げてみると、社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますしそういう例がありました。まあ変わり者でしたが、公認会計士の業界開発スキルを得ていれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができるみたいなことも言っていたと思います。
SE転職TechアンドGames
Copyright (c) 2014 SE転職TechアンドGames All rights reserved.
▲ページの先頭へ