SE転職TechアンドGames > SEの転職と人材紹介会社の利用
SE転職TechアンドGames

SE転職TechアンドGames

SEの転職と人材紹介会社の利用

人材紹介会社にお世話になってプログラマー転職がうまくいった人も増えています。
自分一人でプログラマー転職活動に取り組むのは、辛い気持ちになることも多いです。

プログラマー転職先がなかなか決まらないと、どう進めて行ったら良いのか、分からなくなることもあります。
人材紹介会社を頼った場合、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。SE転職活動は辞職前から行い、エンジニア転職する先が決定してから辞めるのが理想です。退職してからの方が時間に余裕が持てますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職先がすぐに見つからない可能性もあります。


職の無い期間が半年を超えてしまうと、さらにソフトハウスが決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今のプロジェクトを退職しないようにしましょう。
職業を変えたいと思ったときに持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。

これまで築いてきた経験を使ったエンジニアSE転職を行おうと考えている人にもおすすめしたい業界開発スキルです。

社会保険労務士という資格を得ていると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。

SE転職者の面接でよくきかれる質問というのは、どの会社でもあまり変わることはなくて、退職に至った理由と、ここを志望した理由について、といったものでしょう。

レジュメや履歴書などの上手く書くコツですが、直近にいた会社を含めてどんな業務に携わってきたのか、どの程度の業績を残してきたのかなど、自分としては仕事でどれぐらいの貢献をしてきたのかをハッキリと書くことがコツです。

最近の小さなIT会社によっては、客先に出て働く形態のみの場合があります。(派遣とか請負とか) むしろ自社内で開発の業務があるところの方が少ないかもしれません。

そうした情報も自分で入手するのは難しいですが、あきらめずに情報収集をする姿勢が、転職成功につながるものという素朴な思想を持っているのもまたプラスになり得ます。
SE転職TechアンドGames
Copyright (c) 2014 SE転職TechアンドGames All rights reserved.
▲ページの先頭へ